鋤のポーズ

ヨガ・鋤のポーズ
鋤のポーズのコツは、両足を伸ばして肩の上に腰を持ってくることです。
首を痛めないよう肩で体重を支えるのが大切なポイントです。

鋤のポーズの効果

  1. 首・背中のストレッチ
  2. 肩こりの緩和
  3. 内臓機能のアップ
  4. 自律神経の働きを整える

鋤のポーズのやり方

  1. 仰向けになり、両手は手の平を下にする
  2. 両足を上げ、両手で腰を支える
  3. ゆっくりと床に足の指先をつける
  4. 両膝を伸ばし腰を上げ、肩で体重を支える

鋤のポーズのコツ

ホットヨガではクールダウンの時に行うポーズ。
十分に身体がほぐれた後に行うのが理想的。
お風呂上がりに少しずつ練習するのがおすすめ。

鋤のポーズの注意事項

首を痛めないよう注意

首に負荷がかからないよう、腰を肩の真上に持ってきて、肩で体重を支えましょう。
首、頭は「そっと床に置いておく」感覚です。

生理中はやらない

逆転のポーズのため、レッスン中に「鋤のポーズ」が出てきた場合はお休みしましょう。

鋤のヨガポーズが登場するLAVAレッスン

更新日:

Copyright© マンガでわかるホットヨガ , 2019 All Rights Reserved.