ブリッジ

ヨガポーズの中でも難易度の高い後屈のポーズ「ブリッジ」のコツを紹介します。
(ヨガポーズとしては「上向きの弓のポーズ」と呼ばれるのが一般的です)

ブリッジのヨガポーズ

LAVA・〜後屈編〜柔軟性UPのマル秘メソッドのポーズ

ブリッジのポーズは脚のつけね、横隔膜、肋骨まわりの柔軟性が必要です。

ブリッジをする前に「ゆりかごのポーズ」「ラクダのポーズ」の後屈ポーズで徐々にストレッチを深めてから、行いましょう。
また首に負担がかからないよう注意しましょう。

ブリッジのやり方

  1. 仰向けでひざを曲げ、手のひらを床につける
  2. 足で床を押し腰を浮かせる
  3. 手で床を押し頭頂を床につける
  4. ヒジとヒザを伸ばす

ブリッジができない・腕が伸びない理由

ブリッジができない・腕が伸びない理由としては、腰だけを高く上げてしまうからです。
腰だけを上げてしまうと、脚が開き、かかとも上がってしまいます。

体の前面を高く引き上げるようにして、腕側にもしっかり体重をかけることがブリッジ成功のコツです。

LAVA・〜後屈編〜柔軟性UPのマル秘メソッドのポーズ

ブリッジの効果

背骨を整える効果があるので、姿勢の改善に効果的です。
特に毎日デスクワークをしている人におすすめです。

  • 体の前面のストレッチ
  • 姿勢の矯正(猫背の改善)
  • 脚・腕を強化する
  • 気持ちを前向きにする
  • 呼吸機能を高める
  • 自律神経のバランスを整える

もっとブリッジについて深く知りたい場合は、ホットヨガスタジオ・LAVAの「〜後屈編〜柔軟性UPのマル秘メソッド」のマスターレッスンに参加しましょう。

>>LAVAの体験申し込みはコチラ<<

ブリッジが登場するLAVAのヨガレッスン

ブリッジに関連するヨガポーズ

ヨガ・ハーフブリッジ
橋のポーズ(太鼓橋)

橋のポーズの効果 背中・お尻の引き締め 姿勢を整える 肩こりの緩和 呼吸機能のアップ 自律神経の働きをサポート 気持ちを前向きにする 橋のポーズのやり方 仰向けになり、両膝を曲げる 手のひらを床につけ ...

続きを見る

FIRSTSHIP【オンライン講座有り!】
ヨガインストラクター養成スクール
資料請求・お問い合わせ

更新日:

Copyright© マンガでわかるホットヨガ , 2020 All Rights Reserved.