LAVAの体験用ウェアはどんなタイプ?実際に着てみた口コミ

LAVAの体験申し込み

ホットヨガLAVAの体験の際にレンタルできるウェアのタイプについて紹介します。
レンタルウェアに抵抗がある場合、サイズが不安な場合は持参することもできます。
その際のウェアの選び方についても紹介します。

LAVAの体験用ウェアはどんなタイプ?

ホットヨガLAVAの体験用ウェア

カップ付きキャミソール

胸のカップつきのキャミソールがレンタルできます。
そのためスポーツブラは不要です。

生地はサラサラで、ホットヨガで汗をかいてもすぐ乾く素材になっています。
黒い生地で、腹の部分にLAVAと白くロゴが印字されています。

キャミソールタイプは腕を上げると脇が丸見えになるので、必ず脇毛の処理をしてから体験レッスンに臨みましょう。
ホットヨガLAVAの体験用ウェア

レギンス

伸縮性のある黒いレギンスがレンタルできます。

サイズ

レンタルウェアはS・M・Lから選べます。
ピッタリしたサイズでないと胸元が開いてしまってレッスンに集中できない場合があります。

ホットヨガLAVAの体験用ウェア

もし着替えてサイズに違和感があった場合は、快適にレッスンを受けるためにもフロントスタッフにサイズの変更を伝えましょう。

店舗によって異なる場合もあります

LAVAの体験用ウェアを持参する場合

レンタルウェアではなく自分でウェアを持参する場合の注意点を紹介します。

ウェアの素材に注意

綿生地はやめましょう。
汗を吸って重たくなり、肌に張り付きます。

ユニクロのエアリズムなどサラサラした素材がおすすめです。
速乾性の生地で汗をかいてもベタベタせず、着心地が快適です。

ユニクロであれば上下セット5,000円程度で揃えることができます。

ちなみにこれはわたしが愛用しているユニクロのエアリズムのヨガウェアです。
ホットヨガのウェア

ウェアの形に注意

Tシャツよりも、肩が露出するタンクトップ・キャミソールがおすすめです。

なぜなら、ヨガは肩甲骨まわりをほぐす・動かすことが多いからです。
袖があるタイプはどうしても腕や背中の動きを邪魔してしまいます。

また高温のレッスンでは袖があるだけでととても暑く感じます。
ホットヨガには室温38℃のレッスンもあるので、極力快適に過ごせる袖なしのタンクトップ・キャミソールでの参加がおすすめです。

→参考:LAVA口コミ・のぼせやすい人にはホットヨガは無理?高温レッスンまとめ

汗で濡れるのでビニール袋を持参する

ウェアを持参した場合は必ずビニール袋を持参しましょう。
レンタルウェアの場合は汗に濡れたまま返却ができますが、ウェアを持参した場合は自宅まで持って帰らなければなりません。
汗の臭いを閉じ込めるため、またバッグが濡れるのを防止するためにもビニール袋持参は必須です。

LAVAの体験用ウェアまとめ

ホットヨガLAVAの体験用ウェアについて紹介しました。
ホットヨガのウェアは汗をかくためできればサラサラの生地がおすすめです。
レンタルできる場合は、ぜひ借りましょう。

LAVAの体験に行く時の服装

また、レッスン後は汗をかいて疲れ切っているのでボタンがたくさんついている服装、締め付けのある服装に着替えるのが面倒くさくなります。

LAVAの体験に行く時の服装
LAVAの体験レッスンにはサラリと着替えられるワンピースタイプの服装で行くとラクチンです!

>>LAVAのホットヨガを体験してみる<<

ホットヨガLAVAの体験用ウェア関連記事

LAVA体験の疑問まとめ

\LAVAの体験申し込み/ ホットヨガLAVAの体験レッスンおすすめ 体験レッスンおすすめ 体験レッスンは、店舗によって受けられるレッスンの種類が異なる場合があります。 レッスンの選択を間違えると、レ ...

続きを見る

更新日:

Copyright© マンガでわかるホットヨガ , 2019 All Rights Reserved.